アルギニンL5000

女性の悩み・冷え性と生理痛

 

昼となく夜となく活発に働く女性が珍しくない昨今、冷えや重い生理痛など女性特有の症状がどんどん深刻になっているようです。 なぜなら、忙しくて治す暇がないから。もしくは、治るものだと思ってないからです。 それぞれに原因があるはずなのに、それを見極め、改善する時間がないのです。

 

また、仕事中心のライフスタイル自体が冷えや重い生理痛を引き起こしているという理由もあるでしょう。 女性の悩みは何も体の冷えが耐え難いとか、毎月の生理が辛いというだけではありません。 人間には、苦痛が人より多いという悩みもありますが、自分に足りないものを思い、悩むこともあります。

 

例えば体型を維持してキレイで在り続けたいと思うことや、知性を磨き、人に認められるような人間になりたいというような思いです。

 

これらは向上心のある人なら男女問わず当たり前に抱く願望だと思いますが、女性特有の冷え症や毎月の生理に伴う苦痛は、自分磨きを継続する上で、とてつもないハンデとなります。
確かに、冷え症や生理痛は女性に特有の症状かもしれませんが、だからと言って決して正常という訳ではありません。事実、そのどちらにも縁がないという女性もいるのです。

 

まずはしっかり原因を見極めて、改善しようと思うことで、きっとあなたの冷えも生理痛も楽になります。

少しの努力は必要かもしれませんが、もしかしたらその冷えや生理痛には、アルギニンが役に立つかもしれませんよというお話をここではしたいと思います。

 

冷えと生理痛の関係

 

ここで当たり前のように「冷え性と重い生理痛」、というように一括りにしているのは、その二つに深い関わりがあることが多いからです。 感覚的に分かるかもしれませんが、生理痛が重いときというのはたいてい全身の血行が滞っているものです。

 

だから、お腹周りや腰を温めるために腹巻をしたりカイロを貼ったり、お風呂に入ったり余裕があればストレッチをしたりするのでしょうが、それでも一度痛くなってしまえばなかなかそこから改善ということにはなりません。

 

実際に足腰を触ればもう血行がどうとか言うレベルではないくらいにむくんでパンパンに張ってしまって、ときには膝を曲げるだけで痛いということもあります。 結局は痛み止めを飲んで数日やり過ごすということになるのが、生理痛が重い人の決まったパターンではないでしょうか。

 

冷えも、感覚的によく分かると思いますが、足や手の先まで十分な量の血液が流れていないからこそ冷たく感じますしなかなか温まらない。 どれだけ手足を擦り合わせても、なかなか熱は留まってくれず、どんどん逃げて行ってしまいます。

 

冷えと生理痛は血行というキーワードでつながっており、お互いに影響しあって症状を重くしていきます。 血行が悪いと体が冷えて生理痛が重くなる。

 

子宮が冷えると筋肉が凝り固まり(子宮は筋肉の塊です)柔軟な動きが出来なくなるから、生理痛が辛くなるのです。 つまり、血がうまく通わないところは不調になるということ。手足や子宮だけでなく、血液がなければ活動を維持出来ないのはどの部分も同じです。

 

だからこそ、まず血行に着目してこれを良くすることを考えれば、きっと事態は改善の方向へ向かうはずです。

 

 

冷えの原因(身体編)を知る

 

冷えを改善すれば辛い症状がなくなるとは言っても、そんなことは皆何となく知っていて、かつなかなか改善しないし出来ないから困っているのでしょう。 体の冷えには十分気を遣っているけど、それでも治らないの!と怒りたく人もいるかもしれませんね。

 

しかし、冷えの原因というのはけっこう色々あります。
女性の体の特徴が影響している場合。 女性の体は男性と比べたとき、基本的には脂肪が多く筋肉が少ないです。 脂肪は温まりにくく、筋肉は血流が多いので温かいという特徴がありますから、女性の方が寒がりなのは自然なことだと言えます。

 

次に、ホルモンバランスの影響で体温調節などを司る自律神経が乱れてしまいがちというのも冷えの原因になります。 女性は毎月生理が来ますから、それに伴ってホルモンのバランスは大きく変動します。そんな機会が毎月あるのですから、それだけ乱れてしまう機会も多いということですね。

 

これらのことから考えると、女性特有の症状というものは女性特有の体の作りだからこそ起こる症状なのだなと分かります。 言うまでもなく子宮は女性特有の臓器ですし、毎月の生理で大量の血液を消費するので、貧血にもなりやすいです。

 

貧血も冷えの原因となり得ますから、身体の特性上、冷える要因がたくさんあり、避けて通れない症状であると言っても言いすぎではないのでしょう。

冷えを取り去り子宮をはじめとする体のあちこちに起こる不調を改善するためには、それなりの努力をする必要があります。

 

冷えの原因(環境編)を知る

 

仕事中心のライフスタイルが体調を改善する上で大きな障害となっていることもあります。 冷えも生理痛もなかなか男性には理解出来ないものですから、職場で女性は苦痛を強いられてしまいがちです。 例えば暑がりの男性が当たり前のようにクーラーをつけっ放しにしたり、温度を下げすぎてしまったりするのはよく聞く話で、これが女性にとっては大ダメージとなる。

 

脂肪は冷えてしまうと温まりにくく、なかなか回復しないのです。男性がそろそろ涼しくなってきたなとクーラーを切る頃には、女性の体は冷えきってなかなか温まらない状態。 じわじわと寒さが体の芯まで届いてしまって、固まってしまえば、子宮にはすごいダメージですし、生理が辛くなる原因となってしまいます。

 

冷えを改善する方法として一番おすすめなのはなんと言っても「歩くこと」なのですが、お仕事が忙しいとそれも難しいですよね。

 

ふくらはぎが第二の心臓と呼ばれることがあるように、足を鍛えれば下半身の強力なポンプとなって血行が良くなります。 また、子宮も筋肉の塊で、ご存知の通り本来はダイナミックな動きが出来る臓器です。 体の芯の筋肉を鍛え、血液の流れを良くすることでその柔軟性を取り戻し、生理もスムーズにこなせるようになるのです。

 

しかし、何度も言う通り、忙しい人が多いですから、歩くということに抵抗を感じる方が多いのも事実です。ただでさえ忙しいのにわざわざ疲れるようなことしたくないとか、睡眠時間は貴重だから朝少し早く起きるのも、寝る時間が遅くなるのも絶対に嫌という意見です。

 

それでも、キレイになりたい、痩せたいという気持ちはありますから、食事を抜いてしまったり、食事を摂る時間がなくてもあまり気にしなかったりするのです。普段食べすぎというのでなければ、食事を抜くことはおすすめできません。

食べなければ貧血になりますし、その分、水の量が増えれば冷えにつながります。栄養がありませんから筋肉も発達しませんし、子宮の活動も阻害して生理不順や重い生理痛を引き起こします。

 

改善する努力をしましょう

 

冷えや生理痛など、女性特有と言える症状を改善したければ、歩く量を増やして筋肉を刺激し、血流を促すことがとても効果的です。 一日10分でも15分でも良いですから、少し歩幅を大きくとって歩く習慣を身に付ければ、症状が辛くてしょうがないという状態からは抜け出せると思います。 もちろん無理のない範囲で構いません。

 

日ごろから真面目に働いてくたくたなのに、休みの日や仕事が終わってから、今度は健康に気を遣ってトレーニングを心がけましょうなんて、考えただけでしんどいと思う方もいるかもしれません。 何もしない(例えばご飯を食べないとか)、ということなら出来るけど、新しく何かしようなんて口で言うより難しいことですし、実際より大きな負担がかかるものだと思います。

 

しかし、もし、ちょっと歩くようにするという些細な工夫や努力でも面倒だと言う程忙しく疲れているのでしたら、あなたの体調は崩れるべくして崩れているのだと思いますし、これからもっと深刻な病気に繋がるのだと思います。 もちろん一概には言えませんし、乱暴な物言いかもしれませんが、そんな生活を強いられているのなら、仕事や仕事の仕方を見直すべきだと思います。 大袈裟ではなく、冷えは万病の元なのです。

 

仮に忙しくても、冷えには原因があって、女性は体の構想上、冷えやすいのだということを考えてみて欲しいのです。 筋肉が足りないからか、ホルモンのバランスが崩れているのか、貧血なのか、オフィスが寒すぎるのか、食事を摂っていないのか、水を飲みすぎなのか、考えて欲しいのです。

 

まずは歩いて、お腹を空かせて、ご飯を食べて、筋肉と血液を増やしましょう。子宮に血液が巡り、柔軟になることで、ホルモンのバランスも整い、自律神経の乱れも減るでしょう。

 

子宮を中心に考える

 

暑くても冷たいものを飲まないようにする、夏でもクーラー対策のカーディガンを常備する。これらは我慢に当たる努力ですし、マイナスをゼロにする努力です。しかも報われないかもしれないことです。 これではあまりに不公平だと思いますから、ここでは冷えに効く漢方や、体を冷やさない食事については触れずに、歩くことをおすすめしているのです。

 

なぜなら歩くことこそが、マイナスをプラスにする努力だから。歩き、筋肉をつけ、血行が良くなる。これは冷えを改善する一つの筋道です。

 

ご飯をしっかり食べることも大切だという話をしました。血液を増やし、栄養が体中に行き渡ります。 温かくて柔らかい女性の魅力は誰でも知っていると思います。心の面でも、体の面でもです。

 

例えば、女性の体を特徴付ける子宮のことを考えてみてもお分かりだと思います。温かく柔らかい子宮と、冷たく固い子宮では、どちらが性的に魅力的なのか、男性でなくてもお分かりになるに違いありません。

 

そして否応なく、女性は子宮のコンディションに影響を受けているものです。子宮が苦しいときは女性も苦しいです。生理が重いということは、子宮が辛い思いをしているということですし、そんな風にうっ血して凝り固まったとき、女性の心は柔らかさを維持出来るでしょうか。

 

つまり歩くというのは、子宮に血液を送り、子宮とそれを支える筋肉を鍛え、美しくなるためのもっとも簡単な方法なのです。 そしてこれは冷えや生理痛などの症状が改善するだけでなく、身も心も柔らかく、温かく、魅力的に美しくなれる努力なのです。

 

アルギニンがサポート役になる

 

実はアルギニンは、血行を良くする、筋力をつける、美しくなるという目的の上では非常に効果的なサポートをしてくれるアミノ酸なのです。

何故かと言うと、アルギニンは血管を弛緩・拡張させて血液の巡りを促すための一酸化窒素という物質の生成を助ける働きと、成長ホルモンの分泌を促す働きを持つと言われているからです。

 

成長ホルモンがキレイな肌作りや、疲労回復にどれだけ重要かということは女性ならよくご存知だと思います。夜の睡眠が貴重なのは、成長ホルモンが豊富に出る時間帯が成人の場合、睡眠中に限られているからですよね。 この二つの効果で、「ちょっと歩く」という努力の効果が格段に跳ね上がります。

 

血流が良くなれば、血液が体を温めていく感覚を意識できますし、疲労が回復できる睡眠は質が高くなります。 お肌はきれいに整いますし、疲労の回復に伴って筋力も超回復を果たし、効果的に鍛えられます(アルギニンはスポーツ選手が意識して摂るアミノ酸のひとつです)。 アルギニンはこのように実際的な効果もありますが、健康で美しい体作りをしようという意識をする上ではやる気の起爆剤にもなります。

 

例えば今日から意識的に歩こうと思っても、歩くというのは意識して行うと意外に疲れるものですし、時間もある程度かかりますから大変なものです。 しかし、アルギニンが十分にあれば、個人差はあるのですが疲れが不思議に取れていたり、溜まっていなかったりするので、継続する上ではとても心強い。だんだん疲れが溜まって、やっぱりこんなに頑張らなくてもいいかな、という心の弱さをカバーしてくれるのです。

 

 

アルギニンを摂取する上での注意点

 

冷えの原因は筋力不足、ホルモンバランスの変動に伴う自律神経の乱れ、貧血、環境的な要因など様々あるというお話をしました。 歩くのが症状の改善に効果的で、アルギニンが実際的にも精神的にもサポートしてくれるからおすすめというお話でしたが、「低血圧のせいで冷え症」という方はアルギニンは飲まない方が良いと思います。

 

アルギニンの効果の一つは血管を弛緩、拡張させ、血流を良くする一酸化窒素の生成を促すことですので、血圧を低くしたい人には更におすすめなのですが、低い人は下がりすぎてしまう可能性があり危険です。

 

低血圧ということは、心臓の血液を送り出す力が弱いということですから、心臓から遠い足の方は血液を上に持ち上げなければならないのに勢いが無く、滞って、結果的に血行不足ということになっているのです。だから足が冷たい。 そういう方は、アルギニンは摂らずに歩いてください。

 

足の筋肉をつけて、血を送り出す力を高めることで低血圧による血行不良の改善に繋がります。

 

女性は冷えやすいように出来ているということを知って、その上で温かく、柔らかく、魅力的になれる方法で努力をして欲しいと思います。

 

アルギニンは実際に努力の効果を促進し、サポートしてくれます。さらには、あるとやる気になるという点でもとてもおすすめです。 やる気になったら、ちょっと歩くというのを試してみて、そんな努力の背中を押すサポートが欲しいのならアルギニンを試してみてください。きっと症状が改善されるだけでなく、美しく健康的な人になれると思います。

 

 

アルギニンL5000