アルギニンL5000

アルギニンとシトルリンの基礎知識

 

アルギニンとは、体内で合成可能な非必須アミノ酸11種類の内のひとつです。大人になると体内で生成できますが、子供は自己生成できないため経口摂取が必要で、その性質から準必須アミノ酸とも呼ばれています。
アルギニンの働きには、成長ホルモンの分泌を促す作用があります。また、免疫力の向上により感染症や怪我などの回復に働きかけます。
その他、アンモニアから尿素を作り出す尿素回路に使われ、アンモニアを解毒します。この時に一酸化窒素が作りだされますが、この一酸化窒素には血管をしなやかにして広げる効果があります。
このような効果があるため、肥満改善やメタボリックシンドロームの改善、アンチエイジングに利用されています。
シトルリンもアミノ酸の一種で、体内で作られ尿素回路を構成する化合物で、スイカから発見さました。シトルリンとアルギニンは体内でお互いに強く関わりあい、変換する事でお互いを生成します。
アンモニアを解毒する尿素回路においても行なわれています。
そのため、アルギニンと同様シトルリンも血管の健康維持に欠かせない成分となっています。食品からの摂取が理想ですが難しい事も多いので、単独や両方含有しているサプリメントを健康維持のために利用する事がお勧めです。

 

シトルリンを多く含む食材

 

シトルリンというのはサプリメントにも非常に多くのものが販売されています。
しかし、シトルリンを摂取するのであればやはり食品から摂取したいと思われている方も多いようです。

 

そこでシトルリンを多く含む食材をしっかりと考えて、そのような食品を積極的に摂取するようにしてみましょう。
まず、入手しやすいのかどうか、価格はどのくらいになるのか、ということを考えてみましょう。
どれだけ身体に良い成分だとしても、シトルリンを摂取することで身体に様々な悪影響が出るのであれば意味がありませんからね。

 

そこで最も身近な食品としてはスイカがあります。
スイカというのはシトルリンがタップリと含まれています。
しかし、スイカというのは夏場であれば価格も安いので便利なものですが、夏以外にはスイカを入手するのは簡単ではありません。

 

そこで、スイカ以外のウリ科の野菜を摂取してみるようにしましょう。
ウリ科の野菜というのは胡瓜やゴーヤなどがあります。
これらにはスイカほどではありませんが、シトルリンをしっかりと摂取することができるようになりますよ。

 

シトルリンは血管拡張作用が非常に高い栄養素ですので、普段から積極的に摂取して、身体の隅々まで張り巡らされている血管に血液をスムーズに送り出して健康的な身体を手に入れましょう。

 

シトルリンと男性器の悩み

 

男性器に悩みを抱えている方というのは非常に多いです。
特に短小です。

 

短小というのは男性にとっては非常に大きな悩みとなるものです。
そこで、シトルリンがおすすめなのです。

 

シトルリンを摂取し続けることによって下半身はしっかりと大きくなると考えられているのです。
下半身を大きくしたいと悩んでいる方は非常に多いですので、シトルリンを積極的に摂取してみるようにしましょう。

 

そもそも、この短小というのは男性器の内部にある海綿体に問題があります。
海綿体というのは水風船のように伸縮するものなのですが、血液が流れこむことによって大きく膨らみます。
つまり、血液が多く流れ込めばそれだけ男性器は大きくなりますし、血液の流れこむ量が少なければ男性器は小さくなります。

 

そこで、血液の流れを良くすることが、男性器増大の最大のポイントになります。
男性器増大のために血流を良くするというのは簡単なことではない、と思われている方も多いです。

 

しかし、男性器増大というのは、普段の生活の中でサプリメントや食品からシトルリンを摂取するだけでも効果を得ることはできます。
毎日しっかりとシトルリンを摂取して、男性器増大を目指してみてはどうでしょうか?

 

アルギニンを含む食品とは

 

アルギニンとは、アミノ酸の一種で、食品から摂取することが出来ます。
タンパク質を多く含む食べ物には比較的多く含まれています。
特に、多く含まれている食品は大豆です。
大豆が使われている食べ物というと、納豆や豆腐、きな粉などで、比較的よく摂られています。
また、高野豆腐はアルギニン含有量がとても多い食品であります。
そのほか、チーズ、乳製品などにも含まれています。
また、ナッツ類、肉類、豆類、魚介類、などもあげられます。
ナッツ類で、多いのはピーナッツ、アーモンド、カシューナッツ、くるみなどが知られています。
豆類では、大豆、そらまめ、えんどう豆などです。
肉類では、牛肉、豚肉、鶏肉なとで、赤身の部分に多く含まれています。
また、魚介類にも含まれていて、エビやカニ、貝類、カツオ、マグロの赤身の部分に多く含まれています。
アルギニンは大切な栄養素で、元気の素でもあり、意識して摂るようにしないと、健康に影響します。
また、摂取する時はビタミン6と一緒に摂取するようにすると効果的なので、そのための献立も必要です。
元気に暮らすためにはアミノ酸は欠かせません。日常の食事で、摂取できるといっても、不足勝ちになってしまったりします。
いろいろな献立の中で美味しく食事して、健康を大切にしたいものです。

 

 

アルギニンL5000