アルギニンL5000

アルギニン飲んでみた!アルギニンと運動の効果を活用して疲労回復体質を作る方法。

 

疲労回復にはアルギニンサプリが良いとは聞いても、所詮サプリメントだしなという気持ちはあるでしょう。

 

「働いて疲れてもっと働くためにお金払ってアルギニンなんか買ってまた働いて、それがずっと続く訳だ」

 

「俺が求めているのはそんなんじゃないんだよ」、と考えている方もいるでしょう。

 

私もそんな風に思っていましたが、実際に飲んでみて分かりました。

 

アルギニンは使い方によってはおそらくあなたの思い通りに働いてくれるサポートアイテムになります。

 

私はアルギニンを飲み続けなければならないのが嫌だった。サプリメントに頼って、サプリメントに縛られ続ける生活が嫌だった。

 

でも気付いたのです。アルギニンを利用して、疲労の溜まらない体、溜まってもすぐに回復する疲労回復体質を手に入れれば、これから働き続けている間はずっとアルギニンに頼らなきゃならないなんてことにはならないかもしれない。

 

ではどうやってアルギニンを使えば、疲労回復体質になるというのでしょうか。

 

それはズバリ、アルギニンサプリを飲むなら絶対(ちょっとでもいいから)運動も取り入れる!ということ。

 

え、無理だ。どう考えても運動する時間はないしそんな余力がない。

 

それは本当でしょうか。余力がないのは本当かもしれないけれど、心の底では「もっと気持ちの余裕さえあればそりゃ運動もしたいよ」とか考えることもあるのではないですか?

 

アルギニンは、その余裕を作るためのサプリメントなのです。

 

私はアルギニンを飲み始めて、つくづくそう思うようになりました。

 

具体的なアルギニンの活用方法

アルギニンを上手に使うことができれば、おそらく集中できる時間が増えるでしょう。

 

具体的なことを言えば、アルギニンの成長ホルモンの分泌を促す作用によって眠りの質が改善され、朝の目覚めが各段に良くなるはずです。

 

これは私が最初に経験したアルギニンの効果です。

 

早起きは三文の得と言いますが、今までは少しでも眠る時間を増やそうとベッドにしがみついていたところを、ゆっくり食事を食べたりお気に入りのブログを読んだり新聞を読んだりする時間に当てられます。

 

残業する分だと思って早く会社に行くこともおすすめです。雑務を同僚が来る前に終わらせられるって言うのは大きな余裕に繋がります。

 

こういう細かいスタイルには個人差や仕事の違いがありますから一概には言えませんが、例えばアルギニンで疲労が回復することでこんな風に朝の時間を使えるようになるのです。

 

私が選んだのはL-アルギニン5000プラス

アルギニンの疲労回復効果がそんなに実感できる保証はないだろうと感じる方もいるでしょう。

 

確かに個人差はあるかもしれませんが、ビューティー&ヘルスリサーチ社の「L-アルギニン5000プラス」という製品であれば、試してみる価値があるでしょう。私が使っているのはこのアルギニンサプリです。

 

ではなぜ私はこのアルギニンを選んだのか。

 

それはアルギニンの疲労回復効果やEDの改善効果、血圧を下げる効果を実感するためには一日5000㎎の摂取量が必要だと言われていて、L-アルギニン5000プラスしかその量を満たすサプリメント製品がなかったから。

 

過去にアミノ酸系のサプリメントや栄養ドリンクを飲んだことがあるという方で、その時はあまり効果を実感できなかったという方は、もしかしたら圧倒的に摂取量が足りなかったという可能性があります。

 

また、L-アルギニン5000プラスは90日間、効果が実感できなければ完全返金の保障付きですから、それだけの自信がある製品だということは分かります。

 

例えばこれを利用すれば、人によっては私のように朝起きるのが辛くなくなったと思うかもしれないし、午後からの集中力が落ちなくなったと思うかもしれないし、EDに効果があって、夜の営みが楽しいと感じるようになるかもしれません。

 

これらはいずれもアルギニンの効果で、私は特に疲労回復効果がてきめんだったので、睡眠の質が上がり、朝に余裕ができ、出勤に余裕ができ、するとまるで自分がデキる男のような気さえしてきて、仕事が楽しくなりました。ああ単純な男で良かった(笑)。

 

血流を良くすることで疲労は取れる

血流と疲れやすさには関係があります。一酸化窒素というガスを発生させて、血管を内側から押し広げ、血流をアップさせることもアルギニンの効果の一つです(これがEDに効きます)。

 

誰も関係がないとは考えないと思いますが、この血流がアップするっていうのは思っている以上に疲労と関係があるのです。

 

あなたは血流には自信がありますか?

 

日頃からタバコを吸っていたり、体を疲れさせるアルコールやコーヒー(カフェイン)を飲みすぎていたり、味の濃い食べ物、油っぽい食べ物、甘い食べ物ばかり食べていれば、血管はダメージを受けやすくなり、動脈硬化が始まり、血流は悪くなります。

 

あなたが考えている通り、基本的に疲労を回復するためにサプリメントなど必要ありません。

 

身体に良い食事、質の高い睡眠、そして適度な運動(気持ちの良い運動)さえできれば、体中に血液が行き渡り、細胞に蓄積したキズが補修され、翌日には疲れがない状態で目を覚ますことができるのです。

 

特に運動の効果は素晴らしく、一日に20分でも30分でも良いから軽く歩く習慣をつけるだけで、血流の変化に気付かれることでしょう。そして疲労が実際に回復する効果があるんだそうです。

 

あとついでに集中力もアップするのだそうです。夜作業をする人や勉強する人は夜散歩がおすすめです。

 

疲労を回復するために血流を促すのはとても大事なことです。

 

動かさない筋肉は凝り固まり、血流が悪くなります。

 

そんなことは分かってる。だけど、そんな理想通りに行けば誰も苦労しない。

 

でも大丈夫です。その理想を叶えるのがL-アルギニン5000プラスなのです。私は食後に散歩する習慣を身に付けました。習慣になってしまえば簡単なことです。歩かないと気持ち悪いと思うようになりました。

 

運動をすることで基礎体力がアップする

 

アルギニンを飲むのであれば運動も一緒に組み合わせて欲しい最大の理由は、アルギニンの回復効果を利用することで基礎体力をグンとあげることができるからです。

 

アルギニンには疲労回復効果があります。運動にも疲労回復効果があります。

 

アルギニンのおかげで、寝ている間の成長ホルモンの分泌を促し、細胞の修復、再生が著しくなり、次の朝にはリフレッシュしている。

 

このとき、アルギニンを飲んでいるだけでは疲れが取れるだけ。でも運動をすれば、それはそれでリフレッシュになる。
あと、例えば筋力トレーニングをするとどうでしょう。

 

筋肉は傷つくと筋肉痛になり、修復とともに補強され、増大していきます。傷つけるだけはなく、回復まで含めてトレーニングなのです。その回復力を高めるために、成長ホルモンは必要なんです。

 

心肺機能は筋力の強化とは性質は違いますが、やっぱり付加を強くしていくことで段々と高めることができます。

 

心肺機能が高まるということは心臓が強くなるので血流が向上し、肺が強くなるので一度に取り入れられる酸素の量が増え、結果的に全身の体力が向上します。

 

心肺機能を上げるトレーニングは大変なものですが、例えば朝一にでも水分補給を兼ねてアルギニンを飲み、それからジョギングをするなんてことができれば、段々と体力がついていくことは間違いありません。しかも午前中の仕事の集中力は上がるでしょう。

 

「だから、そんなことする時間あるなら寝てたいっつの」と言う方が大半だと思いますが、アルギニンがあれば「時間あるし走るか」に変えることができるのです。

 

それだけの余裕を作ることができるポテンシャルを持っています。あなたにやる気と向上心さえあれば、その気持ちに応えてくれるのが、優れたアルギニンサプリメントなのです。

 

アルギニンのおかげで気付いた。早起きは三文の得だって

 

ここで言いたいのは、アルギニンを使うなら疲労を回復するだけじゃもったいない、ということ。

 

アルギニンは疲労回復効果を持っているけれど、それだけで満足してはもったいない。

 

必ず、今までよりは時間の余裕、体力の余裕が生まれるはずなのです。

 

その余裕をどう使うかによって、3年後、5年後の運命は大きく変わると思います。実際、仕事に余裕ができて、そもそもそれで疲れにくくなる。早く帰って、健康な時間に美味しいご飯を食べ、ゆっくり散歩する。気分によってはジョギングや筋力トレーニングもします。それでさらに健康になる。

 

次の日に疲れが残るなんて心配はいつの頃からかしなくなりました。

 

こんなゆるいトレーニングではムキムキになるのは難しいですが、痩せたことでまた多少自信がつきました。

 

無理をしてまでジョギングなんてする必要はありませんが、例えば空いた時間をストレッチに当てるとか、ちょっとした散歩に当てるくらいのことはできるはず。

 

そして余裕があるのが当然の生活に慣れれば、その頃には体力もついているし、仕事にも余裕があるからアルギニンサプリはもう必要ない。

 

前までのやたら忙しがって家ではトドのようになってた自分は何なんでしょうか。全てにおいて緩慢で初動が遅いから、スケジュールが押して押して不要な疲れが溜まっていたのです。そして余裕がないというのは何より精神的な疲れも生んでいました。

 

そのことに気づけたのはアルギニンのおかげですが、これはもしかしたら、「早起きは三文の得」という言葉で全て片付けることができるのかもしれません。

 

実際私がアルギニンを飲んで出来るようになったのは早起きで、その後は自分で言うのもなんですが私の努力の賜物だと思うのです。

 

しかし、その努力ができたのは紛れもなくアルギニンのおかげ。多分もう必要はないのですが、ついついなくなると不安で、定期購入を解除できずにいます(笑)。

 

皆さんも、このずっと疲れてる自分が嫌という方、生活改善してみたいというやる気がある方、気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

アルギニンL5000