アルギニンL5000

一酸化窒素ってなんなの?

 

一酸化窒素の働きというのはどのようなものかご存知でしょうか?
一酸化窒素の働きについて簡単に解説をしたいと思います。

 

一酸化窒素というのは血管内の内皮という組織で作られるものです。
心臓と血管というのは血液を介して酸素や水分、栄養分を身体全体に送り出すと同時に老廃物をどんどん排出しているのです。

 

つまり、血管は身体の全ての細胞に関係している非常に重要な器官になるのです。
つまり、血管の柔軟性を保つために一酸化窒素というのは必要不可欠なものなのです。

 

一酸化窒素が不足して血管の収縮性が失われてしまうと、血管はどんどん固くなります
そして血管が固くなると次第に動脈硬化症を発症してしまうようになるんですよ。

 

動脈硬化症になると血管内に脂肪が蓄積するようになり、次第に血液の流れがどんどん悪くなってしまいます。

 

血管に伸縮性があれば少々脂肪が蓄積しても問題はありません。
しかし、血管が硬くなってしまうと血液の流れ自体が悪くなり、次第に血栓ができるようになります。

 

この血栓がなにかの拍子に剥がれてしまうようなことがあれば、命に関わる病気を発症してしまうこともありますので、注意が必要ですよ。
一酸化窒素で血管を柔らかく維持することができればこのような血栓もしっかりと予防できますのでおすすめです。

アルギニンL5000